春を目前に、ピアスを装着する方が増えてきています!!

過去にピアスに関する記事を挙げましたが、(https://hakozaki-doi.com/blog/989/ https://hakozaki-doi.com/blog/995/、https://hakozaki-doi.com/blog/997/)今回はピアスに関するトラブルについてご説明します。

まずひとつめは、ピアスの埋没です。

ピアスが埋没する原因としては、ピアスホールが不安定なこと、飾りの小さなピアスを装着していること、キャッチを必要以上に固く押し込んでいることが挙げられます。
就寝時にもピアスを装着している方も要注意です。

次はピアスのケロイドです。(下記は術前、術後の写真です)

金属アレルギーやケロイド体質などの肌質的なところでピアスホールが安定しない場合にできやすいのですが、それ以外にもファーストピアス装着時の状態、装着後の管理などによっては誰でもなりえます。
ファーストピアスは、最低でも6週間は極力触らずに清潔に維持することが大事だと思います。

そして、外傷性耳垂裂です。(下記は術前、術後の写真です)

耳たぶの厚みにもよりますが、ピアスの穴が安定しなかった、ピアスをひっかけた、ピアスホールを耳介の辺縁ギリギリに作った、などで発生します。
突発的に耳垂裂を生じた場合は、直後は単純縫合が可能ですが、時間が経つと上記のように少し工夫が必要となります。

いずれも当院で対応可能ですので、お気軽にご相談ください。(☎092-643-7765)
(ケロイドを繰り返している方は、後療法を含めて他院へご紹介することがございます)